ハイブランドな腕時計を購入。

いい腕時計を付けていると、自分に自信を持つことが出来る。

なんとなく、このようにいい腕時計を身に着けていることで、自分に自信を持つことができ、より充実した時間を過ごすことができそう、なんて思う人も多いかと思います。

私もこのように考えたりするタイプでして、だからこそ腕時計はきちんと相棒となってくれるようなベストなものを選びたいと思っているんです。

ですが、腕時計ほど値段がピンキリなものってありませんよね。

ハイブランドな腕時計はどこまでも高額な価格で展開されていますし、安い腕時計であればある意味100円ショップなどでも購入することができてしまいますから。

ハイブランドな腕時計で、5000万円以上なんていうものでしたら、ある意味一軒家購入できちゃいますしね。

庶民な私にはとうてい手の届かない代物であるには間違いありません。

そんな私でも、自分なりに購入することが出来る範囲のハイブランドな腕時計をこの前ついに購入してしまいました。

この腕時計を付けるだけで、ぐっとまた仕事を頑張ろうという気合を入れることが出来バリバリ仕事をこなすことができるから不思議ですよね。

またこの腕時計を身に着けているだけで、スーパーに買い物に行くのがとても面倒だったにもかかわらず、腕時計をつけて買い物をすると本当に買い物自体も楽しく思えるようになりましたし。

やはり自分の好みのハイブランドな腕時計を付けると、気持ちがガラッと変わりますね。

デザイン豊富なヴィヴィアン時計

ヴィヴィアンというと個性的なブランドというイメージが強いと思う方が多いかもしれません。

しかし時計を一つ例にして見てみましょう。

まず価格ですが大体4万円後半から5万円前半のものが多く出ています。

ヴィヴィアンの時計はデザインも豊富に出ていて、アクセサリー感覚で付けられる物やシンプルで文字盤の見やすい物もあります。

こういう物は普段ヴィヴィアンが好きな会社勤めの方にお勧めかもしれません。

会社なので普段少し派手なイメージのあるヴィヴィアンはちょっと付けられないと思っている方でもオフィスで浮かないシンプルなデザインや皮ベルトの物が揃っているので普段から自分の好きなヴィヴィアンを身に付けられると思います。

実際にオフィスの制服でヴィヴィアンの時計をしている方を何人か見ています。

次にブレスレット感覚で付ける時計は、時間の部分がやはり少し小さいので時間をすぐに確認する時には見ずらい事もあるかもしれませんが、他のアクセサリーと馴染み易いかと思います。

最後にヴィヴィアンの時計の良い所は、カジュアルにもエレガントにも合わせられる所で価格を見ても普段使いにも適していると思います。

メンズ、レディース両方あるのでペアで使ってみるのもいいかと思います。

女性の腕時計はなぜアナログという認識なのかなぁ?

女性の腕時計はどうしてアナログしかないのだろうか、というのが私の疑問です。デジタルのブランドといえばbabyGぐらいしかなく、デジタル好きの私としてはあまり選べないので残念です。

では、なぜそんなにデジタルの腕時計が好きなのか。

一つ目の理由は、デジタルの腕時計だと一目で分数と秒数が確認できるからです。通勤していた時は、電車に乗れるか乗れないかで会社に遅れるか遅れないかが決まるので、デジタルで秒刻みで時間を確認する必要がありました。

二つ目の理由は、安くて頑丈なつくりのものが多いからです。手ごろな値段なのにも関わらず、曜日や日時が表示されているものが多く、子育てをしていてカレンダーの感覚がなくなっている私にはとてもありがたいのです。また公園で遊んだり、炊事をしたりするとなると、頑丈であることが大切です。高校生のときから腕時計を使っているので、十年以上腕時計をしていることになりますが、アナログよりも、デジタルのほうがガンガン使っても壊れにくいという印象でした。

というわけで、私はこれからもデジタルの腕時計を愛用していきます。これからもっと、デジタルって最高!とという認識になって、女性用のデジタルの腕時計のデザインがもっと増えていってくれるといいです。

本当に欲しいと思った腕時計は何年も飽きずに使える

若いころに時計雑誌で見たロレックスの腕時計に一目ぼれをし高額なのでかなり迷いましたが長い間どうしても諦めることができずネットで調べたり買い物をすることができない時代だったので都内の直営店まで現品を見に行きました。高額なこともあり見れば諦めがつくかもと思っていましたが雑誌に載っていたロレックス以外の色の文字盤や数字のデザインがあり数点試着させてもらったら欲しい気持ちが倍増し余計に諦められなくなってしまいました。今よりもだいぶ若かったので高額な買い物はあまりしたことがなくこんなに高額な商品を買ってもいいのか、なくしたりしないのかなどかなり悩み他のブランドの腕時計などもかなりチェックしましたがどうしても最初に欲しいと思ったロレックスを諦めることができずクレジットカードで高額な買い物をするのが怖かったので現金を卸して直営店に向かいました。文字盤の色や数字の字体が違うロレックスを数本試着させてもらいお店についてからも悩みましたが結局最初に欲しいと思った白い文字盤のアラビア数字が書かれているロレックスを現金で購入しました。高額な買い物でしたがオーバーホールに出しながら現在もそのロレックスだけを使用し続けているので本当に欲しいと思えたからこそ高額でも購入しましたが自分が気に言って買ったものは何年たっても飽きずに使うことができるんだと実感しています。

手巻きや自動巻きの腕時計の魅力とは?

腕時計には大きく分けて、電池式のクォーツ時計と手巻き時計、そして自動巻き時計があります。

一番多く見られるのは前者で、比較的安価で販売されていることや、後の2つより精度的にも高いことから、実用性という面ではこれが一番です。

ですが、手巻きや自動巻き時計には独自の魅力があります。その仕組みから、機械式時計とも呼ばれるこれらはゼンマイや歯車によって動いています。その為、どうしても精度は電池式時計に構いませんが、その遅れや進みを自分で修正する手間がまたいいのです。

電池式時計の場合、それほど時間が狂うことはないので、あまり時刻調整を行うことはありませんが、機械式時計ではそれこそ数日に一度はそれが必要なこともあります。この手間を面倒と考えるか、自分の大切な時計と触れ合う時間と考えるかの違いになります。機械式時計は後者だと考えられる人に向いているのは言うまでもありません。

元々腕時計は機械式の仕組みで出来たものです。後に安価で精度のいい電池式が登場した後も、その当時からの技術を現在まで進化させながら受け継いでいるという歴史的なロマンも感じることができると言えます。

そして、機械式時計はその1つ1つが手作りという高級品も多く存在し、量産品であってもどこかに人の手が加わることが多く、その手作り感も魅力の1つです。これは言うならば、手作りのアクセサリーのような感覚だと表現してもいいでしょう。

ゼンマイや歯車で電池式時計に匹敵する精度を出すには至難の業で、精度だけを求めるのであれば安価な電池式時計を購入した方がいいのは言うまでもありません。腕時計は実用的には精度が一番大切かも知れませんが、機械式時計にはその精度ではない腕時計本来の魅力が多く詰まっていると言うことができます。

仕事に欠かせない腕時計、あなたはどのように使い分けていますか?

『私は仕事で腕時計が欠かせません』

そういう方も多いのでは無いのでしょうか?

私もそうなんです。

私は、建築工事の現場で働いています。

常に時間を厳守して、行動しなくてはいけないのですが、現場には時計がありません。

そこで、常に腕時計を付けていないと、時間の確認が出来ないんです。

腕時計には、大きく分けてデジタル表示式の文字盤と、長針、短針のついたアナログ式の物があります。

私は仕事では、用途に応じて2種類の腕時計を使用しています。

あなたは、初対面の人と会った時、まずどこを見ますか?

人それぞれですが、相手の顔や履いてる靴等が多いでしょうか?

私の経験上、相手の手元なんかも結構見られたりするんですよ。

私は作業服を着て、力仕事や、手先を使っての作業の時は、デジタル式の丈夫なG-shockを愛用しています。

しかし、スーツを着てお客様や取引先の人と会うときは、カチっとしたシックなCASIOの三針式のの物を付けるようにしています。

そうして、仕事の用途に応じて機能性の良いタフな物を選ぶか、見た目を重視したスマートな物を選ぶかで使い分けています。

ワンポイントアイテムの腕時計ですが、様々な物をケースバイケースで使い分けるのも、遊び心もあり面白いです。

腕時計の今後について

皆さんは腕時計というものをつけて外出していらっしゃいますでしょうか?

ビジネス街の社会人の方であれば腕時計は必須のアイテムであることでしょう

また、スマートウォッチと呼ばれるものが2015年には発売されましたが、

このスマートたる腕時計は携帯電話とは違い独自の発展をする分野かもしれません。スマートウォッチは既存の腕時計の違い、カラー液晶画面で時間が表示され、ネットワークを介して データの 授受が可能になっており 身につけて持ち歩くことができる、いわゆるウェアラブルコンピューターのような利用が考えられている。 このスマートウォッチは、既存の腕時計より明らかにネットワークに重きを置いた設計になっています。

これは、制作メーカーがスマートフォン側の開発者であるだけでなく、既存の腕時計が個人の利便性を考えたものであり他の腕時計や他の使用者との関わりを持たせることを 想定して考案されたものではない殻と思われます。

このようにスマートウォッチは既存の腕時計と対抗しうる新しい旋風となり

時計業界に対して今後数年で業界再編などの大きな事業転換の節目となると思われます。皆さんの周りにいるいわゆるビジネスマンも突然スマートウォッチを身に着けはじめ、また、子供たちもスマートウォッチを身に着ける時代もそう遠い未来ではないのかもしれません。

マイケルコース腕時計なら『マイケルコースエリア』にお任せ下さい!
http://michaelkors-eshop.net/