腕時計がオシャレになっているという現実とは

人間はファッション感覚で時計を使っています。例えば昔は懐中時計を使ってデザインなども気にしていました。そして今では腕をオシャレにするために最新の時計を使っているのです。

腕時計がキレイになった背景には色々な話があります。実際に人々は時計の性能よりもデザイン性を求めています。その理由には自分がオシャレに時間を知りたいという欲求があります。

そしてオシャレに時間を見るために豪華な装飾のある時計が必要です。

確かに腕時計は価格も高く設定されているので難しいです。また高価な商品になれば有名人との繋がりもあります。例えば人気の高い腕時計はモデルやセレブなども使っているなどです。

そういった商品はデザイン性が高くて一般人には手に入らないものです。しかし時にはオークションで芸能人の時計を買うこともできます。

腕のオシャレは重要なので若者たちも気にしています。また時計なら常に使えるという実態があります。つまり時計は手放すことができないので重要なアイテムなのです。

腕時計はファッションとも関わっているアイテムなので、そこに高いお金を出すことも意味があります。実際に今の商品は価格が高くてブランド力もあります。

どういう商品を使うかは個人の自由なので妥協しないことです。

ヴィンテージのような新しい腕時計。ヘンリーロンドンの魅力。

ヘンリーロンドンは2015年に誕生したイギリスの新しいウォッチブランドです。

その特徴はヴィンテージのような見た目でありながら、新しい腕時計がリーズナブルな値段で購入出来ること。

実際にヴィンテージものの腕時計を購入した場合、毎日手巻きしなければいけない事が面倒だったり、購入後すぐに故障したりする不安がつきものですが、ヘンリーロンドンの時計は新品でありながらデザインは60年代のヴィンデージものを意識して作られているため、デザインを楽しみたい方にとっては安心してお使いいただけるオススメの時計です。

また、価格の方は2万〜3万円代となっており「オメガ」や「ロレックス」といった何十万円もする腕時計と比べてとてもリーズナブルな値段になっています。

ヴィンテージものの時計は、男性だけではなく女性にも非常に人気の高いものですのでプレゼントとして購入するのも良いですし、カップル同士ペアで同じ時計を揃えるものオススメです。腕時計の裏側に好きな文字を刻印できるサービスもありますので、お互いの名前を彫っておくと良い記念になると思います。

ヘンリーロンドンの時計は、ビジネスやプライベートを問わず服装に合わせやすいデザインのものが多いですので、普段使いの腕時計として購入されてみてはいかがでしょうか。
ヘンリーロンドン(Henry London)腕時計通販 – 腕時計通販専門店 クラリス

初めての金属ベルトの腕時計購入時のエピソード

今までの人生で、腕時計やアクセサリーといった装飾品を身に着けることが好きではなく、腕時計とは縁がありませんでした。

しかし、「社会人になると当たり前に腕時計をしている」や「就職活動でも腕時計をしているか、いないかで評価されることがある」と聞き、腕時計をしていない自分に不安を感じました。

そこで、早速近くの家電量販店に足を運ぶことにしました。

店頭にて、なんとなく大人が着けているような「銀色の金属」の時計が目につき、購入に踏み切りました。

そこで、腕時計を購入したことのない私に謎の一言「ベルトの調整は致しますか?」・・・「いったい何のことを言っているのだろう?急いでいるし、無知なこと知られたくないから断ろう(笑)」と思い、断りました(笑)

数日後、いざ腕時計を着けようとするとぶかぶかで、明らかにおかしい見た目。

私の腕時計のイメージは、穴に棒を通してサイズを調整するものでしたが、そんなものは見当たらず、インターネットで調べてみました。そうすると、金属ベルトの調整には専用の器具が必要とのこと。やってしまいました(笑)

こんなに無知でアホな人はいらっしゃらないと思いますが、初めて金属の腕時計を購入される方、ご注意ください。

私がはじめてつけた腕時計はキキとララの手巻き時計

元々小さい時から、私は腕時計に興味がありました。

腕時計をしている人は大人で、なんとなくかっこ良かったイメージがありました。

今から30数年前の話です。

当時デジタル時計が流行っていて、スヌーピーやミッキーマウスと言ったキャラクターものが1000円程度で手に入っていました。といっても、当時まだ小学校低学年の私にとって、腕時計は高嶺の花でした。

そんな私が生まれて初めて手に入れた時計は、夏休みに叔父が買ってくれたキキとララの黄色いバンドの手巻き時計でした。

どうして叔父が小学校低学年の私に腕時計を買ってくれたのか、その理由は覚えていませんが、たまたまショーウィンドウにあったその時計に私が一目惚れをして、その場から離れる事ができなかった…だからだそうです。

初めて手に入れたその時計は3000円と、小学生にとって大変高価なものでしたが、2日も腕にハメ忘れたらすぐに止まってしまう、大変手間のかかるものでした。

学校から帰るとすぐにその時計を付けて、寝る時も肌身離さずにいました。

よく撫でていたので、時計の周りの金属がザラザラになってしまう位でした。

そんな大事な腕時計でしたが、別れは突然やってきました。中学生になってまもなく、しばらく放置してあったキキとララの止まった時計を動かそうと、ネジを回した所、バチン!と音がして、そのまま空回りするようになりました。

修理に5000円かかると言われ泣く泣く処分しました。

アンティーク腕時計を買う際の注意点とは?

アンティーク腕時計を買う際の注意点は、もちろんそのアンティーク腕時計が「ちゃんと稼働するのかどうか」を確かめるということでしょう。飾りとして置いておくのでしたら、とやかくは言いませんけれど、しかしそのアンティーク腕時計を使いたくって購入するのでしたら、ちゃんと動くかどうかを確かめることは必須事項です。

たとえ「修理次第で」と言われましても、保障証がないのでしたらそのアンティーク腕時計を買うのをやめておいた方がいいレベルかも知れませんね。なぜなら、アンティーク腕時計を動かすための修理代って、場合によっては結構な金額になりますからね。ですから、修理代が出せないようでしたら購入をやめるのも手ですから。

修理をすれば動くようになるとはいえ、動くまでの修理代が出ないこともよくあることで。ですから修理が必要なアンティーク腕時計を購入する際には、「どのぐらいの修理が必要なのか?」といったことも、あわせて確認するといいでしょう。

率直にいろいろと聞くのは勇気がいることではありますけれど、しかしアンティーク腕時計の購入で損をしないためには、とても大切なことですから。それで煙たがられるようでしたら、購入自体をやめてしまうのも手でしょう。個人的な考え方かも知れませんが、大金を損することになるよりはいいかと。

腕時計の存在感でラグジュアリー感をあらわす腕時計

腕時計をさっと身にまとうだけでラグジュアリーな雰囲気が漂う、そんなイメージは映画や雑誌の中だけではありません。ごく日常にも、そのようなシチュエーションが即時可能なのです。

そして、それはやはり高級な腕時計が醸し出すイメージなのです。

ロレックスや、カルティエなど、宝石のような美し装飾のあるものから、美術的なモチーフを基に造られている腕時計は、それだけで芸術品の一つとなっています。

本当に、ちょっと価格も高いものです。しかし、一度購入しますと、毎日の生活で長らく使う事ができるのです。

高価な商品ですから、火災保険などので、保証の対象になるかどうかを確かめてから購入されることをおすすめします。うっかりと盗難にあわれたりした時にも、保証がありましたら、心強いものです。

持っている人生と、持っていない人生、貴方はどちらを選びますか?

ラグジュアリーな感覚はすぐそこに広がっています。

沢山の種類の時計が無くても良いのです。一つ、身に着けるラグジュアリーなアイテムは一生ものとも言えるでしょう。

結納に、エンゲージリングに添えて、腕時計が贈られるスタイルも昔からよく見かけられるスタイルです。

喜び事の多い人生に、ラグジュアリーな腕時計とともに過ごしませんか?

腕時計の維持費と価格、ブランド腕時計の選び方

私は今までに、6個の腕時計を購入しました。

値段が安い準にジーショック、ディーゼル、ヴィヴィアン、ポールスミス、カルティエという順番です。カルティエの腕時計はパシャというモデルのものでしたが、維持費が特に高かったです。定期的なオーバーホールにだいたい60000円から90000円くらい掛かります。なので、定価も高いですが使い続けるにもお金が掛かるのです。高級時計は外車と同じような感じだなと思いました。また、カルティエのようなスーパーブランドだと偽物も出回っているので、本物かどうか怪しまれることも多かったです。なので個人的にはヴィヴィアンやポールスミスあたりのブランドが無難でよい気がしました。ディーゼルとヴィヴィアンの時計は二年に一回くらい電池が切れて交換が必要なのが難点でした。その時の金額は大体4000円くらいです。その点では買ったポールスミスの時計はソーラー式だったので、電池交換のコストなどもなく、長く使い続けることが出来ました。色々買った結論からは、維持費だとジーショックとソーラー式の腕時計がお得でその中でも様々な場面に合わせて使えるブランドもののソーラー式時計を一つ持つことがコストパフォーマンス的には一番良いと思いました。

私が腕時計を買うときに確認するところ

私が初めて腕時計を持ったのは小学生の頃でした。

ゲームセンターの商品がぬいぐるみやお菓子だったのが、アクセサリーや腕時計などオシャレで綺麗なものが増えてきたころに、姉がディズニーの腕時計をとってくれたのです。

シルバーの金属製で腕周りが細い上品な作りでした。とても可愛く気に入ったのですが、小学校低学年の私は特に時間を気にして行動することはなく、実際に身につけて活用することはありませんでした。

実際に腕時計を身につけるようになったのは高校生の時でした。校則の厳しい学校で、時間に関してはとてもシビアでした。

まわりの友人たちがだんだんと腕時計をつけて行動するようになり、私も「今のうちに腕時計を見る癖をつけておいたほうが今後いいかもしれない」と考え購入を決断しました。

友人から「文字盤が見やすいものがいい」とおすすめされたため、一番はそこを重視して、1秒間隔のメモリがあり秒針が1秒ごとにカチカチ止まるものを2つ目の条件として探し、お気に入りを見つけることができました。

しかし実際につけて生活してみるとあることに気づきました。金属アレルギーです。革のベルトではありましたが文字盤裏の金属部分だけが痒くなってしまいました。

もし小さい頃にあの金属製の腕時計をしていれば、もっと早くに気づいたのでしょう。今となっては文字盤の裏まで革ベルトが貫通しているタイプのものを選ぶように気をつけています。

時計屋の思い出と腕時計職人への憧れ

初めて時計屋に腕時計の修理をお願いしに行った時の事を今でも覚えています。よくある事ですが、腕時計のベルト部分が大きくて困っていたので、一つ金具を外してもらいに行ったのです。腕時計のベルトを調節できる事を知りませんでしたし、その時計屋で買った腕時計ではなかったので、緊張していました。

行ったのは近所にあるのに一度も入った事がない、時計屋でした。壁一面に時計がかけられ、所狭しと腕時計が並べられ、秒針と時針の動く音で店内はいっぱいでした。人間が入り込む隙間がないような不思議な場所に思えました。

店員がうまく見つけれず、「すみません」と何度か声を出してみると、ようやく奥の小部屋からいかにも職人といった風貌の男性が出てきました。専門性のある雰囲気のある人を間近に見たことがなかったので、大事な仕事の邪魔をしてしまったのではないか、と思い意味もなくおどおどしてしまいました。緊張しながら腕時計のベルトの調節をしてほしい、と何とか口にすると、時計職人は時計と私の手首をみて「二つ外した方がいいかな」と言いました。

その場にあった小さなテーブルのようなところで腕時計の金具はあっという間に外され、着けてみると、二つでは小さい事がわかり、結局一つ外してもらいました。

料金は500円だったと記憶しています。そのお店にはそれ以来行く事がないまま引っ越しをしたのですが、手首を見ただけでどのくらいの調節が必要かすぐに判断し、私が手首周りに少し余裕のある腕時計の方が使いやすいタイプの人間である事も察知し、ささっと仕事をする姿に驚いた事、時計に囲まれた空間の印象はよく覚えています。

最高のきらめきを求めて腕時計を追及する

手元を華やかに飾りたい。そんな思いをかなえる腕時計を探して、見つけては購入する、という夢のような幸せを日々味わっています。

最も華やかに見える腕時計は、やはり、ダイヤが沢山使われているタイプです。

重くなってしまいますと、腕も疲れてしまいますので、重くならず、軽やかにつけられるタイプで、ダイヤの輝きが美しい物が素敵です。

オメガ、ロレックスなどでは、カタログで選んで担当者にお願いしますと、持ってきてくださいますので、自宅でゆっくりと選ぶことができます。

お店に出向く時もあるのですが、時計を買いに行っても、うっかりとショーメなどのお店に入って時計以外のジュエリーを選んでしまう事もありますので、やはり、時計が欲しいな、と思い立った時には、担当の方に連絡を入れて、自宅へもってきていただくのが一番かと存じます。

年を重ねてゆきますと、ダイヤの輝きと言うものは無くてはならないアイテムになり、その眩い光は、疲れた心を癒してくれる働きもあります。

誰よりも、ゴージャスに、誰よりも抜きんでている、という存在である事を知らしめるためには、最も素晴らしいジュエリーを見に付けなければならない、そんな考えを満たしてくれるものが、ダイヤの腕時計なのです。