腕時計の存在感でラグジュアリー感をあらわす腕時計

腕時計をさっと身にまとうだけでラグジュアリーな雰囲気が漂う、そんなイメージは映画や雑誌の中だけではありません。ごく日常にも、そのようなシチュエーションが即時可能なのです。

そして、それはやはり高級な腕時計が醸し出すイメージなのです。

ロレックスや、カルティエなど、宝石のような美し装飾のあるものから、美術的なモチーフを基に造られている腕時計は、それだけで芸術品の一つとなっています。

本当に、ちょっと価格も高いものです。しかし、一度購入しますと、毎日の生活で長らく使う事ができるのです。

高価な商品ですから、火災保険などので、保証の対象になるかどうかを確かめてから購入されることをおすすめします。うっかりと盗難にあわれたりした時にも、保証がありましたら、心強いものです。

持っている人生と、持っていない人生、貴方はどちらを選びますか?

ラグジュアリーな感覚はすぐそこに広がっています。

沢山の種類の時計が無くても良いのです。一つ、身に着けるラグジュアリーなアイテムは一生ものとも言えるでしょう。

結納に、エンゲージリングに添えて、腕時計が贈られるスタイルも昔からよく見かけられるスタイルです。

喜び事の多い人生に、ラグジュアリーな腕時計とともに過ごしませんか?

腕時計の維持費と価格、ブランド腕時計の選び方

私は今までに、6個の腕時計を購入しました。

値段が安い準にジーショック、ディーゼル、ヴィヴィアン、ポールスミス、カルティエという順番です。カルティエの腕時計はパシャというモデルのものでしたが、維持費が特に高かったです。定期的なオーバーホールにだいたい60000円から90000円くらい掛かります。なので、定価も高いですが使い続けるにもお金が掛かるのです。高級時計は外車と同じような感じだなと思いました。また、カルティエのようなスーパーブランドだと偽物も出回っているので、本物かどうか怪しまれることも多かったです。なので個人的にはヴィヴィアンやポールスミスあたりのブランドが無難でよい気がしました。ディーゼルとヴィヴィアンの時計は二年に一回くらい電池が切れて交換が必要なのが難点でした。その時の金額は大体4000円くらいです。その点では買ったポールスミスの時計はソーラー式だったので、電池交換のコストなどもなく、長く使い続けることが出来ました。色々買った結論からは、維持費だとジーショックとソーラー式の腕時計がお得でその中でも様々な場面に合わせて使えるブランドもののソーラー式時計を一つ持つことがコストパフォーマンス的には一番良いと思いました。