仕事に欠かせない腕時計、あなたはどのように使い分けていますか?

『私は仕事で腕時計が欠かせません』

そういう方も多いのでは無いのでしょうか?

私もそうなんです。

私は、建築工事の現場で働いています。

常に時間を厳守して、行動しなくてはいけないのですが、現場には時計がありません。

そこで、常に腕時計を付けていないと、時間の確認が出来ないんです。

腕時計には、大きく分けてデジタル表示式の文字盤と、長針、短針のついたアナログ式の物があります。

私は仕事では、用途に応じて2種類の腕時計を使用しています。

あなたは、初対面の人と会った時、まずどこを見ますか?

人それぞれですが、相手の顔や履いてる靴等が多いでしょうか?

私の経験上、相手の手元なんかも結構見られたりするんですよ。

私は作業服を着て、力仕事や、手先を使っての作業の時は、デジタル式の丈夫なG-shockを愛用しています。

しかし、スーツを着てお客様や取引先の人と会うときは、カチっとしたシックなCASIOの三針式のの物を付けるようにしています。

そうして、仕事の用途に応じて機能性の良いタフな物を選ぶか、見た目を重視したスマートな物を選ぶかで使い分けています。

ワンポイントアイテムの腕時計ですが、様々な物をケースバイケースで使い分けるのも、遊び心もあり面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です