手巻きや自動巻きの腕時計の魅力とは?

腕時計には大きく分けて、電池式のクォーツ時計と手巻き時計、そして自動巻き時計があります。

一番多く見られるのは前者で、比較的安価で販売されていることや、後の2つより精度的にも高いことから、実用性という面ではこれが一番です。

ですが、手巻きや自動巻き時計には独自の魅力があります。その仕組みから、機械式時計とも呼ばれるこれらはゼンマイや歯車によって動いています。その為、どうしても精度は電池式時計に構いませんが、その遅れや進みを自分で修正する手間がまたいいのです。

電池式時計の場合、それほど時間が狂うことはないので、あまり時刻調整を行うことはありませんが、機械式時計ではそれこそ数日に一度はそれが必要なこともあります。この手間を面倒と考えるか、自分の大切な時計と触れ合う時間と考えるかの違いになります。機械式時計は後者だと考えられる人に向いているのは言うまでもありません。

元々腕時計は機械式の仕組みで出来たものです。後に安価で精度のいい電池式が登場した後も、その当時からの技術を現在まで進化させながら受け継いでいるという歴史的なロマンも感じることができると言えます。

そして、機械式時計はその1つ1つが手作りという高級品も多く存在し、量産品であってもどこかに人の手が加わることが多く、その手作り感も魅力の1つです。これは言うならば、手作りのアクセサリーのような感覚だと表現してもいいでしょう。

ゼンマイや歯車で電池式時計に匹敵する精度を出すには至難の業で、精度だけを求めるのであれば安価な電池式時計を購入した方がいいのは言うまでもありません。腕時計は実用的には精度が一番大切かも知れませんが、機械式時計にはその精度ではない腕時計本来の魅力が多く詰まっていると言うことができます。

仕事に欠かせない腕時計、あなたはどのように使い分けていますか?

『私は仕事で腕時計が欠かせません』

そういう方も多いのでは無いのでしょうか?

私もそうなんです。

私は、建築工事の現場で働いています。

常に時間を厳守して、行動しなくてはいけないのですが、現場には時計がありません。

そこで、常に腕時計を付けていないと、時間の確認が出来ないんです。

腕時計には、大きく分けてデジタル表示式の文字盤と、長針、短針のついたアナログ式の物があります。

私は仕事では、用途に応じて2種類の腕時計を使用しています。

あなたは、初対面の人と会った時、まずどこを見ますか?

人それぞれですが、相手の顔や履いてる靴等が多いでしょうか?

私の経験上、相手の手元なんかも結構見られたりするんですよ。

私は作業服を着て、力仕事や、手先を使っての作業の時は、デジタル式の丈夫なG-shockを愛用しています。

しかし、スーツを着てお客様や取引先の人と会うときは、カチっとしたシックなCASIOの三針式のの物を付けるようにしています。

そうして、仕事の用途に応じて機能性の良いタフな物を選ぶか、見た目を重視したスマートな物を選ぶかで使い分けています。

ワンポイントアイテムの腕時計ですが、様々な物をケースバイケースで使い分けるのも、遊び心もあり面白いです。